転職に関する動機について

転職,動機

多くの転職の動機の本音は?

 

転職をしたいと思うきっかけの多くは、今働いている会社では貯金が貯まらない、
体力が続かないという、後ろ向きな動機が少なくありません。

 

人間関係、給料面のほかにも職場の雰囲気など、今現在勤務している会社で、
どうしても我慢できないことが、転職の動機になる場合もあります。

 

しかし、転職の動機の中には、今の会社を脱出したいという思いからではなく、
勤めたい会社を見つけたからという前向きな動機もあります。

 

転職の動機には、今任されている仕事より、もっと大きなプロジェクトを手がけたくなったからだという人もいます。

 

転職を考える理由は人によって違い、また、新たな会社で面接を受けようと思った動機も人それぞれ違います。

 

せっかく採用しても、あっという間にやめてしまうような人は、
できれば採用したくないのが企業側の本音というものです。

 

そのため、前の会社を退職した理由が自分本位なものだと、
次の会社に採用されづらくなってしまいます。

 

転職で面接を受ける際に気をつける点は、たとえ本当のことであったとしても、
絶対に前の会社の不平不満を言わないことが大切です。

 

モチベーションの高さをアピールするには、前の会社も前向きに取り組んできたように話すことです。

 

近年では、採用面接を突破するためのポイントをまとめた本も出版されていますが、
そっくり引用すると逆効果です。

 

マニュアルに沿ったものでは、意志も意欲も熱い思いも、
面接の担当者には決して伝わりません。

 

転職活動中に採用面接を受けることになったら、
前の会社に不満かあったとしても決して悪くは言わずに、肯定的な言葉を使って動機を語ることです。

 

転職動機の伝え方

 

転職時に特に気をつけなければならない点として、その会社を希望した動機の伝え方があります。

 

採用面接ではほぼ聞かれることですから、どう答えるかは決めておきたいところでしょう。

 

転職での動機のポイントとして、マイナスになる事は言わない事は鉄則です。

 

前職を人間関係で辞めたので今回は人間関係が良さそうだからという理由はありがちですが、
決して良い印象を与えることはありません。

 

仕事が簡単そうだとか、給料がよさそうだとか、自分にとっての真実の動機を話したからといって、
好感度がアップするとは限りません。

 

マイナス要素が前職の退職理由である人を採用した場合、
また同じことで早期に退職してしまうのではないかと、面接官を不安にさせてしまいます。

 

転職の面接時に質問されることの多い、志望動機については、
マイナス的な内容にするのは止めておきたいところです。

 

可能なら、前の仕事で得た実績やスキルを、
次の会社でどういう形で活用していけるかを動機の中に混ぜ込むほうが、
いい印象を持たれやすいでしょう。

 

転職と言っても全く畑違いの職種から応募する場合には、
経験をどのように活かせるかは難しい所でもあります。

 

反対に未経験だからこそ新しい知識を偏見なく積める事もあります。

 

事実をそのまま話すことと、自分に不利なことを話さないことは、
面接を受ける時に両立できることです。

 

自分の立場でデメリットを感じている部分をいかに次の職場でプラスに変えれるかどうかを
上手く伝える事が出来れば高評価になるでしょう。

 

転職の動機はポジティブに

 

転職活動をする際には、面接時に転職動機について話せるようにしておく必要があります。

 

ある調査では、転職の動機について尋ねた場合、
最も順位の高いものが人間関係の問題だという結果が出ました。

 

ただし、どんなに問題がある先輩や、同僚がいたにしろ、
それを理由で転職活動を始めましたという話は、面接の際に言うことはお勧めできません。

 

前の会社を辞めた理由は、嫌な上司や同僚がいたからですと言ってしまえればいいのですが、
面接では言わないほうが結果的にプラスになります。

 

真実をありのままに語らなければならないということはなく、
どう話すかが大事です。

 

社会人となり就職をした後に転職ということを考えたことは、
誰にでもあることでしょう。

 

仕事を続けていくことが苦痛に感じたり、これ以上仕事を続けていくことはできないと思うこともあります。

 

今の仕事を辞めたいと思った時に、発作的に辞めてしまうという人はあまりいませんが、
軽々しい決断はやめましょう。

 

今まで積み上げてきたことを0に戻して、何もわからない状態から再スタートを切るのですから、
給料や、待遇も、大抵は悪くなるものです。

 

先のことを深く考えずに退職し、流されるように次の仕事につくような転職のしかたをすると、
納得のいかない働き方をすることにもなるでしょう。

 

今の仕事を、人間関係のゴタゴタで辞めることになった場合でも、
転職活動時の動機では、ポジティブな言い回しができるように工夫しましょう。

 

後ろ向きな理由で退職したとしても、前向きで積極的な行動によって
転職を選んだことを面接時には、志望した動機として伝えることが大切です。

 

 


関連ページ

転職における履歴書のポイント
転職における履歴書についてのちょっとしたポイントやコツ、考え方を紹介していきます。
転職にもノウハウが必要!!
就活で培ったノウハウとは別に転職におけるノウハウも必要です。転職ノウハウの集め方や活用法を紹介していきます。
中高年おける転職のポイント
中高年の方における転職での押さえていくべきポイントについて紹介していきます。
転職未経験者のためのファーストステップ
転職未経験者の方は転職に対して漠然とした不安や悩みを持っている人が多いようです。最初の一歩として、悩みを解消し、転職の全体像をっ把握することが大切です。
面接における好印象を与えるコツは?
転職における面接で第一印象をよくするアドバイスやコツについて紹介していきます。
転職する前に今の職場を辞める方法を知っておこう。
転職しようと活動を始める前に今の仕事を辞める方法を知っておく必要があります。仕事を辞める方法、辞める理由、辞める時期などを考えておきましょう。
転職する際はスカウトを活用しましょう。
転職する時は情報を自分で集めるだけではなく、転職サイトやエージェントからのスカウトの情報を受け取り、上手に活用していくことが大切です。
未経験者の転職は上手くいくのか?
未経験の職種などに転職する際の注意点やポイント、また上手に志望動機を考えておく必要があります。そういった情報を紹介していきます。