転職における履歴書の考え方やポイント

転職,履歴書,ポイント

転職における履歴書の考え方

 

転職がうまくいくような履歴書の作成方法には、押さえておきたいことがあります。

 

きちんと履歴書を書き、応募先の企業に目にとめてもらうことが、
転職を果たすためには重要になります。

 

履歴書は、第一次選考に相当する書類選考の時に、
判断材料となる重要な書類です。

 

紙1枚に書かれている内容、たいしたことないと思いがちですが、
運命を分ける大事なものといえます。

 

記載されている情報の量は限界がありますが、
履歴書を見ると、その人がどういう考え方や、性格をしているかが透けて見えます。

 

きちんと採用担当者に向けて、プレゼンテーションをするものであるという意識が必要です。

 

いくら汎用性のある履歴書を作成したつもりでも、
同じ内容で複数の会社に提出できる履歴書にはなりません。

 

履歴書に書かれたことが、真実であると伝えるためにも、
志望動機は会社別に書くようにしてください。

 

履歴書を通じて自己アピールをする場合も、
自分のどういう部分が相手に求められそうかか、
相手の考えていることを想像しながら作成します。

 

企業が必要としている人材と、自分の人物象ができるだけ重なるように、
自己アピールをすることです。

 

自分のいい点が、会社が必要としている人物とぴったり合うようにしながら、
自分を売り込むことが大事です。

 

転職活動には必須となる履歴書ですが、
安易に考えずに今一度見直してみることをおすすめします。

 

履歴書のポイント

 

転職活動を成功させるためには、
履歴書をただの事務的な書類だと考えないようにすることが大事です。

 

履歴書を書く際に、重要視しておきたいポイントがいくつかあります。

 

一度勤めた会社には、定年するまでいるという考え方も、
一般的ではなくなっているようです。

 

転職回数の少ないほうが社会人として優秀だという考え方はなりをひそめ、
優秀な人ほど転職をするという考え方にもなっています。

 

多くの会社では面接試験をする前に、履歴書によって選考をするので、
転職活動において、最初に重要になってくるのが履歴書です。

 

転職を成功させる履歴書や、職務経歴書の書き方について知りたい場合は、
ネットや書籍で関連している文章に目を通してみると役に立つでしょう。

 

企業からすれば、本の内容を丸写しにしたような内容の履歴書や、
職務経歴書は、内容が薄くて個性のないものに見えることがあります。

 

履歴書審査に通りやすい、人事担当者の評価を得ることのできる履歴書には、
どんなことに気を付けて記載しなければならないのでしょうか。

 

学歴も多少なりとも影響がありますが、それよりも大事なことは、
どんな仕事をこれまでやってきたのかです。

 

採用を希望している企業が求めている資格を
自分が持っていることをプレゼンテーションすることも履歴書の役目です。

 

希望する職種に対して、自分自身の長所短所を自己分析したうえで、
適性があるかどうかをきちんと確認しておくことも大切です。

 

履歴書は、あくまで次のステップにつなげるためのものです。

 

自分について顧みて、企業にどう自分を売り込んでいくかの基本にもなっています。


関連ページ

転職にもノウハウが必要!!
就活で培ったノウハウとは別に転職におけるノウハウも必要です。転職ノウハウの集め方や活用法を紹介していきます。
中高年おける転職のポイント
中高年の方における転職での押さえていくべきポイントについて紹介していきます。
転職未経験者のためのファーストステップ
転職未経験者の方は転職に対して漠然とした不安や悩みを持っている人が多いようです。最初の一歩として、悩みを解消し、転職の全体像をっ把握することが大切です。
面接における好印象を与えるコツは?
転職における面接で第一印象をよくするアドバイスやコツについて紹介していきます。
転職の動機に関すること
転職の動機についての面接での説明の仕方や考え方について紹介していきます。
転職する前に今の職場を辞める方法を知っておこう。
転職しようと活動を始める前に今の仕事を辞める方法を知っておく必要があります。仕事を辞める方法、辞める理由、辞める時期などを考えておきましょう。
転職する際はスカウトを活用しましょう。
転職する時は情報を自分で集めるだけではなく、転職サイトやエージェントからのスカウトの情報を受け取り、上手に活用していくことが大切です。
未経験者の転職は上手くいくのか?
未経験の職種などに転職する際の注意点やポイント、また上手に志望動機を考えておく必要があります。そういった情報を紹介していきます。