転職を決心したら、今の会社を退職する準備をしましょう

転職,退職

今の仕事を上手に辞める方法

 

多くの人が、仕事を辞めることにしたけれども、上司に辞めたいと言うのが難しいと感じで、
悩んでいるのではないでしょうか。

 

何も言わずに姿を消しても辞めることはできるでしょうが、
それでは多方面に迷惑がかかりますので、可能な限り避けることにしましょう。

 

簡単に仕事を辞めることは、まずできません。

 

段取りを決めて、話すべき相手に事情を話し、
引き継ぎの人に仕事のノウハウを伝えることも重要になります。

 

あなたの職場でのポジションによりますが、退職願を提出しても、
すぐには退職を受け入れてもらえないことも考えられます。

 

退職させてもらえない時、上司にどういう理由をつけて言えばいいのでしょうか。

 

仕事を辞める時には、こういう理由を挙げておけばいいというものが、実はあります。

 

仕事を辞める理由として、生家に何らかの事情があって、
戻ってくるように言われているというものがあります。

 

上司でも、実家に関係する話にまで首を突っ込むことはできません。

 

そのために、辞めたいという意思を思い直させることが難しくなり、
辞めやすくなるわけです。

 

別の会社への転職が決定したことにすれば、上司でも引き止めづらくなりますので、
まず転職先を決めてしまってから話を持ち出すのもいい手段です。

 

引き止められることはあるでしょうが、転職先の条件や待遇を伝えることで、
会社もきっと諦めてくれるはずです。

 

ただ単に辞めることを伝えるのではなく、
転職するに至った経緯をしっかり伝えることは、

円満退職をする上で重要なことです。

 

トラブルにならないように、円滑に退職までの流れをつくっていくためには、
なぜ仕事を辞めるに至ったのか、多くの人が理解してくれるような理由をつくることです。

 

仕事を辞める理由をしっかりと考えましょう。

 

仕事を辞める時に、言い方一つで、会社に遺恨を残してしまったり、
後味の悪い思いをすることがあります。

 

社内の人とフレンドリーな関係を築いたままで、会社を辞めることを、
考える必要があるでしょう。

 

仕事を辞める理由が、会社に対する不満点にあるのなら、
事実をそのまま言う必要はありません。

 

上司に仕事を辞めることを告げる時に、正直に会社に対する不満点を言ったとしても、
状況が好転するとは限りません。

 

場合によっては、社員が抱く不満な点を、将来的に直さなければいけないこととして、
興味を示す会社もあります。

 

しかし、会社や職場に対する不満がつもりに積もったから退職するという事では、
納得してもらえない事もあるでしょう。

 

今からでも状況を変えることはできないのかと、強く引き止められてしまうということもありえます。

 

話を大きくすることで、大手を振って辞められる状況をつくろうとすることも、
うまくいかないことがあります。

 

自分にとってプラスになる動機で仕事を辞めるという意向を示せば、
辞めやすくなるようです。

 

より自分の能力を活かせる転職先や、待遇や環境のいい転職先を決めているなら、
ありのまま話していいでしょう。

 

取得したい資格がある人や、勉強をしたいから仕事を辞めるという動機も、
引き止めづらくなる理由といえます。

 

仕事を辞めると決めた場合には、そこで働き続ける人がいるので同僚に不満を言いふらしたり、
仕事に対して手を抜く等の行為は円満に退職する上で弊害となるので、
最後まで失礼のない対応を振舞う事が大切でしょう。

 

仕事を辞める時期について

 

転職や結婚のほか出産などで仕事を辞めることなった場合、
多くの人はどのようにして退職時期を決めているのでしょうか。

 

初めて採用された会社を、定年退職するまで勤め続けるというスタイルは、
かつての日本ではよくある光景でした。

 

そんな日本でも転職が一般的な現象になりつつある今は、
仕事を辞めるハードル自体は以前に比べてだいぶ下がりました。

 

一言で仕事を辞めるといっても、社内の人同士のつき合いや、
仕事の引き継ぎ、退職前にしておかなければいけないことなど、
一筋縄ではいかないことばかりです。

 

周囲との波風を立てずに仕事を辞めるという場合は、
いつごろ退職をするようにするのがいいでしょう。

 

仕事を辞める時に心がけるべきこととして、いつ退職をするにしても、
急な事情があるという時でもなければ、
早々に退職するリミットを自分の中で決定しておくことが大事なことになります。

 

ある程度の時間的な余裕をもって、信頼できる上司や同僚に相談しておいたり、
引継ぎに必要な準備を始めるなどの根回しが重要になります。

 

周りの状況や、自分が置かれた条件をよく吟味して、
退職時期をいつに設定するのが最も望ましいかを判断します。

 

仕事を辞めるまでの時間があまり無いと、都合の良いタイミングといっても、
選択する余裕も無くなってしまうので注意が必要です。

 

忙しい時に、さらに仕事を辞める人がいると、退職の手続きや、
仕事の引き継ぎが重なって、忙しさがきつくなるので、好まれません。

 

また、もう少し待てばボーナスがもらえるという時期なら、慌てて退職しなくても、
ボーナスをもらってから退職するという方法もあります。

 

また、通常の仕事日より、夏休みや、年末年始に差し掛かる時期に退職をすることで、
仕事の区切りと共に辞めることができますので、
周りの人にとっても負担の少ない辞め方ができ、

気持ちの上でも楽になります。


関連ページ

転職における履歴書のポイント
転職における履歴書についてのちょっとしたポイントやコツ、考え方を紹介していきます。
転職にもノウハウが必要!!
就活で培ったノウハウとは別に転職におけるノウハウも必要です。転職ノウハウの集め方や活用法を紹介していきます。
中高年おける転職のポイント
中高年の方における転職での押さえていくべきポイントについて紹介していきます。
転職未経験者のためのファーストステップ
転職未経験者の方は転職に対して漠然とした不安や悩みを持っている人が多いようです。最初の一歩として、悩みを解消し、転職の全体像をっ把握することが大切です。
面接における好印象を与えるコツは?
転職における面接で第一印象をよくするアドバイスやコツについて紹介していきます。
転職の動機に関すること
転職の動機についての面接での説明の仕方や考え方について紹介していきます。
転職する際はスカウトを活用しましょう。
転職する時は情報を自分で集めるだけではなく、転職サイトやエージェントからのスカウトの情報を受け取り、上手に活用していくことが大切です。
未経験者の転職は上手くいくのか?
未経験の職種などに転職する際の注意点やポイント、また上手に志望動機を考えておく必要があります。そういった情報を紹介していきます。